相談しよう!

過払い金が発生する仕組みについて

過払い金とはどのようなものであるかということが何となくではあっても、わかって頂けたでしょうか? 要は消費者金融会社などに支払いすぎたお金ということなのですが、それではなぜ過払い金が生じるかについてご説明していきましょう。
過払い金は利息制限法に基づかない違法金利により発生した利息であることはお伝えしましたが、利息を決める法律は利息制限法の他に実はもう一つあるのです。それが「出資法」です。このように法律が2種類あるということから過払いが発生する原因となっているのです。

債務整理による過払い請求

貸金業者への返済が5年以上続いている場合、グレーゾーン金利により支払いがまだ残っていても、利息制限法に従ってみると実は借金の返済が終了している場合があります。さらに、余分に支払ったお金が逆に戻ってくるという場合だってあります。

過払い返還請求は債務整理

過払い金返還請求は債務整理の一つの手段として数えられています。種類として、任意整理となります。
任意整理とは法律の専門家が貸金業者と話し合いを行い、借金の総額や返済期間などを新しく決めてくれる方法です。返済する金額を少なくし、分割支払いとなるよう話し合いを行います。なお、任意整理では裁判所を利用しません。

過払い返還請求のメリット

過払い金返還請求を行うと、貸金業者へ余分に支払っていたお金を取り戻すことができるため、取引期間が短期で過払いにならない取引の借金返済にあて、借金をなくすることができます。過払い返還請求により抱えていた多重債務を一気に減らすことだって可能なんです。

全額返還した後の過払い請求

完済後も過払い金返還請求が出来る

過払い金返還請求は債務整理として利用することが多いのですが、過払いのことを知らずに、貸金業者のグレーゾーン金利のまま完済し契約を終了した場合でも、過払い金返還請求を行うことができます。まずは確認してみるのもいいかもしれません。
この場合、取引を終了した日付から10年という期間で行わなければならないため、10年間という時効が成立してしまう可能性があります。こうなってしまっては、過払い金返還請求は困難をになってしまいます。
もし10年近く前に完済し取引を終了した借金があるなら、急いで確認、過払い金返還請求の手続きを行うようにしましょう!

完済後の過払い金返還請求による信用情報について

借金を完済しての過払い金返還請求であり、債務整理とは異なります。
信用情報に登録される(いわゆるブラックリストに載ること)かどうかは、相手の出方次第となります。
完済後の過払い金返還請求により、万が一信用情報に登録されたとしましても、金融業者がその信用情報の全部を共有するものではありません。債務整理による信用情報の登録ではないので、融資の判断は貸金業者個別の判断によると思います。また、銀行の信用情報には登録されないこともあります。
信用情報について詳細を知りたい方は、実際に信用情報機関に問い合わせてみるとよいでしょう。

注目サイト

振袖のレンタル
http://www.rakuten.ne.jp/gold/rentalmiyuki/

Last update:2017/2/9

copyright(C) 2008 抱え込まないで All Rights Reserved